宅建 通信講座 比較 通信教育

スポンサーサイト

宅建通信講座w選ぶポイント

予算の上限を決める

 

 

一口に「宅建通信講座」といっても予算の幅は広く、安くても3万円、高くなると20万円を超えてきます。まず自分が出費しても良いと思える予算を決めてはどうでしょうか?

 

また、注意しなくてはいけないのは通信講座のほかに問題集や模試の費用、もちろん受験手数料なども必要になってきます。あらかじめそれらの費用も必要経費として考えておきましょう。

 

・・・例えば予算10万円以下なら

 

エル・エー

 

ユーキャン

 

フォーサイト

 

 

学習時間はどれくらいとれるか?

 

 

宅建に合格する為の準備期間は一般的には3ヶ月〜6ヶ月は必要といわれていますが、学習時間をどの程度用意することが出来るかは人それぞれです。
学生であれば毎日何時間も机に向かって学習することが出来るかもしれません。しかし、多忙なビジネスマンの場合は往復の通勤電車の中くらいしか勉強することが出来ないかもしれません。
時間がとれる人であれば何十回も講義のある講座を取るのもいいでしょう。しかし、時間がない人はそれを全部こなすことが出来るでしょうか?

 

自分がとれる時間を考えて無理のない講座を選びましょう。

 

・・・もし時間のある人なら


LEC

クレアール

 

自分の現在のレベルは?

 

宅建は国家資格の中でも最も受験生の多い資格の一つです。受験生も様々で、受験回数にしても初めての人もいればもう10回近く受験しているベテランもいます。
当然、通信講座もそれぞれのレベルにあった講座をうける必要があります。各種予備校には一から丁寧に教える初心者向けの講座もあれば問題演習に絞った上級者向けのもあります。

 

・・・例えばまったくの初学者なら

 


エル・エー


LEC


ユーキャン

スポンサーサイト